4歳児が言うこと聞かない!疲れた・・・子供の反抗期わがまま話を聞かないイライラ!障害かも?しつこいから無視してしまう。。

人気記事
スポンサーリンク

こんなことを思ったことはありませんか?

  • 「4歳児の言うことを聞かないイヤイヤ期に疲れた」
  • 「4歳児が可愛く思えないと悩んでいる」
  • 「4歳児に怒り過ぎてしまって後悔する」

私も今まさに4歳の女の子を育てているママです。 4歳児の子育ては、本当に大変ですよね。 でも、あきらめないでください。 このブログ記事では、4歳児の子育てのストレスを軽減する方法や、子どもに愛情を伝える方法を紹介しています。

記事を読んでわかることは、

  • 4歳児が話を聞かないときに効果的な言い方とは?
  • 4歳児にイライラしてしまうと後悔するママへ。子どもに謝る方法とは?
  • 4歳児が可愛く思えないと悩むママへ。子どもに愛情を伝える方法とは?

記事を読まなかったら、どうなるでしょうか?

  • 4歳児の言うことを聞かせることができず、イライラが募る
  • 4歳児に怒り過ぎてしまって、親子関係が悪化する
  • 4歳児に愛情が足りないと感じてしまって、罪悪感に苛まれる

記事を読んだら、どうなるでしょうか?

  • 4歳児の言うことを聞かせるコツがわかって、コミュニケーションがスムーズになる
  • 4歳児に怒り過ぎた時の謝り方がわかって、親子関係が修復できる
  • 4歳児に愛情を伝える方法がわかって、親子の絆が深まる

あなたも、4歳児の子育てのストレスから解放されたいですよね。 では、早速記事を読んでみましょう。 最後まで読んでくれたら、嬉しいです。

スポンサーリンク

4歳児の言うこと聞かないイヤイヤ期に疲れたママへ。子育てのストレスを軽減する方法

4歳児は「魔の4歳児」とも呼ばれるほど、反抗期が激しい時期です。
そんな4歳児の子育てのストレスを軽減する方法は、次の通りです。

  • 完璧主義にならない
  • 子どもの友だち目線で見守る

完璧主義にならない

出したおもちゃを片さない、ご飯を食べてくれない、お風呂や歯磨きを嫌がる、など、4歳の子は何かと反発してきます。
説得してやってくれる時もあるけれど、子どもの機嫌が悪くてどうしてもダメな日もありますよね。
特にママが疲れている日は、何もかも嫌になります。どのお家もそうです。
そんな日は、「1回くらいやらなくても死なない!」という日があってもいいのです。
真面目なママは、やらないことがストレスになってしまいますが、そこはぐっと堪えて、ママが元気を取り戻してからにしましょう。
また、ママだと甘えて反発していることもあるので、誰かに頼めると良いですね。
私もお風呂はパパに頼んだり、ご飯を食べさせるのは義父に頼んだりしています。
頼めない時は、実家を頼ったりもしています。
それでもストレスが溜まるので、とにかく手を抜いて、少しでもストレスが溜まらないように心がけましょう。

子どもの友だち目線で見守る

親は子どもの先回りをしがちです。
「これは危ない」「こうしたら溢れるでしょ」「ママがやるから」など、ついつい口を出してしまいますよね。
その結果、「こうじゃない!」「自分でやるの!」と子どもが癇癪を起こしてしまったり。
なんでもかんでも「ママがやってあげなきゃ」というのも、気付かぬうちにママのストレスの原因になっているものです。
4歳児は自我が発達してきているため、何かと自分でやりたがります。
本当に危ないことなら止めないといけませんが、ある程度は見守り、上手くできなくても、友だちのように共感してあげてくださいね。
「ほら見なさい!ママに任せておけば……」とついつい言いたくなりますが、「ここをこうしたかったんだね、頑張ったね」と、受け止めてあげてください。
見守るだけというのは、ハラハラしますが、失敗を乗り越えて、子どもが自分でできるようになると、結果的にママも楽になりますよ。

4歳の女の子にイライラする親自身の問題とは?親が気づくべき自分の感情と対処法

私も今まさに4歳の女の子を育てていますが、イライラする親自身の原因は、次の3つです。

  • 完璧主義
  • 体調不良
  • 1人の時間が無い

完璧主義

上記でも記載しましたが、真面目だったり完璧主義だったりする親はイライラしがちです。

特に私は心配性のため、子どもがご飯を食べずお菓子ばかりだと「栄養失調になったらどうしよう」、お外に連れて行ってあげられないと「運動不足になってしまう、私のせいだ」とよく自分を責めてしまいます。

真面目な人は「〜すべき」思考で、ストレスが溜まりやすいそうです。

「親は子どもに対してこうあるべき」という気持ちがありませんか?

性格の一部なので完全に払拭するのは難しいですが、たまには「ま、いいか」と肩の力が抜けると良いですね。

体調不良

ホルモンバランスが崩れていたり、具合が悪かったり、睡眠不足だったりすると、イライラが止まらないことがあります。

ホルモンバランスの場合、つらければ婦人科に相談すると良いでしょう。

具合が悪い時にわがままを言われるとイライラしてしまいますよね。

そんな時は、「ママお腹が痛いんだ」「お熱があって」など、つらそうに説明すると、「そうなの?」「よしよししてあげる」と優しくしてくれますよ。

特に女の子は、一生懸命お世話をしてくれようとします。

睡眠不足は、最近睡眠不足だと感じたら、7〜8時間の睡眠を意識してとるようにしましょう。睡眠が足りていないと、イライラの原因になります。

怒りの沸点も低くなるため、子どもに怒りすぎてしまい、後悔することも。子育て中は睡眠時間の確保を最優先にしましょう。

1人の時間が無い

まだ小さいし、預けて出かけるのは罪悪感があったりして、1人の時間ってなかなかとれないですよね。

幼稚園に預けている間も洗濯や掃除、買い物などに追われて、家事で時間が無くなってしまったりして、全然リフレッシュできないことも。

延長保育や一時保育、子育て支援などを利用して、定期的に1人の時間を作ってくださいね。

ちゃんとリフレッシュできると、子供に優しく接することができるようになりますよ。

4歳児が話を聞かないときに効果的な言い方とは?具体的な例文と注意点を紹介

普段からお小言が多いと、何度言っても聞いてくれないことがありますよね。
こっちの言うことを無視したり、「わかってる!」と言いつつ分かってなかったり。

本当に伝えたい時に効果的な言い方とは、「冷静に、静かにゆっくり、目を見て伝える」ことです。

また、「ママは物を投げて欲しくないの。当たると痛くて、嫌なんだ」など、自分を主語に、理由も添えて伝えられると良いでしょう。

あまり長く言っても理解できないので、簡潔にかつ丁寧に伝えましょう。

この伝え方に限らず、話を聞かない子どもに何かを伝える時の注意点は、1回では完全には伝わらないと心得ることです。

男子は特に、5回に1回伝わればラッキーとのこと。
体感ですと、10回言っても伝わりません。

それでも、「そういえば言ってたなあ」と感じているようですので、全くの無駄ではないと思います。

子どもは前頭葉というイライラを抑える脳の部分が小さいため、分かっていても手が先に出てしまうということも。

言い聞かせてもすぐに効果は現れませんが、気長に、根気よく伝えていきましょう。

話を聞かない4歳児の反抗期はどう乗り越える?疲れたママのための子育てサポート

4歳児は自我や言語能力が発達し反抗期に入ります。

毎日暴言や暴力があったり、泣き喚かれたり、言うことを聞かずわがままばかり言われたりして、ママは疲れてしまいますよね。

なぜこんな行動をとるのか、子どもの気持ちや対話のコツが分かれば、ママも余裕を持って対応できます。

以下で反抗期の子どもがよくとる行動と心理、対策や対話のコツを紹介します。

泣き喚く

自分の主張が通らなかったりすると、泣き喚いて暴れたりします。この時の子どもは感情が溢れてしまい、自分でもコントロールできない興奮状態。

まずは落ち着かせるために、抱きしめてあげたり、優しく声をかけてあげたり、声をかけずにただ見守るなどして、その時に応じて臨機応変に宥めましょう。

外でこのような状態になってしまったら、担いで場所を移動するのも、気分が変わって良いでしょう。

暴力的になる

怒って暴言を吐いたり、叩いたり物を投げたりします。嫌なことがあったり、自分の主張が通らなかったりすると、怒って手や口が出ます。

それはしてはいけないことだと、ゆっくり丁寧に説明してあげましょう。

「投げたらダメだよ!」ではなく、「おもちゃを投げたら、ぶつかって怪我をするから、ママはやめてほしい」というように、なぜダメなのか具体的に教えてあげてくださいね。

言うことを聞かない

自己主張が激しく、言うことを聞いてくれず、反発してきます。自分のやりたいことがあり、それを通したくて頑固になっている状態です。

この時は、子どもの話を聞いてあげましょう。

「着替えない!」と言う時も、話を聞いたら「自分で選びたい」「着たい服が決まっている」などの理由があったりします。

話を聞いて、できるだけ子どもの希望に沿ってあげるようにしてくださいね。

「帰らない!」などの、どうしても付き合ってあげられない主張には、「あとブランコ10秒乗ったら帰ろうね」のように、お互いの落とし所を見つけてみましょう。

どの行動にも共通して言える対策は、一旦受け止めて、共感してあげることです。

「ママはあなたの気持ちが分かるよ」という雰囲気が伝わると、落ち着いてこちらの話を聞いてくれるようになりますよ。

 

4歳児にイライラしてしまうと後悔するママへ。子どもに謝る方法とは?

子どもに怒り過ぎてしまった時、ママも人間ですから、素直に謝れない時もありますよね。
それは「私は間違っていない」という気持ちのせい。

悪いと思っていないことは、人間謝れないものです。

その場合、叱る内容に対しては謝らず、怒り方や怒り過ぎなど、自分が悪かったと思う点を謝りましょう。

「怒り過ぎちゃってごめんね。でも、ママがいないときにハサミを使ったら危ないからやめて欲しいんだ」と言う風に、叱った内容に関してはブレずに謝りましょう。

「ママは○○ちゃんのことが心配で……」というように、ママの気持ちも添えると、「ママは自分のことが嫌いで怒ったわけじゃない」と子どもに伝わります。

叱った内容まで謝ってしまうと、「じゃあなんで怒ったの?」と、親への不信感に繋がりますので、気を付けましょう。

また、謝るにしても、すぐに謝れない時もありますよね。

その時は子どもと距離をおき、ママがクールダウンしてからで大丈夫です。

4歳児が可愛く思えないと悩むママへ。子どもに愛情を伝える方法とは?

毎日イライラさせられて、どうにも可愛く思えない、そんな時もありますよね。

でも自分の子を可愛いと思いたい!そんな時にオススメの方法は、子どもをぎゅーっと抱きしめるという方法です。

人はハグをすると、幸せホルモンである「ドーパミン」と、愛情ホルモンや思いやりホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌されます。

抱きしめると自然に「大好きだよ」と伝えられるようになります。ただ、本当にイライラしている時は、触るのも嫌!という時もありますよね。

ハグや、触られるのを嫌がる子もいるようです。

そんな時にオススメなのは、子どもが生まれたばかりの写真や動画を見ることです。

あの頃は可愛かったなあと思い出せて、今の姿にも赤ちゃんの頃の面影が見えて、可愛く思えるようになりますよ。

他にも、可愛い寝顔を見たり、外などで遠くから子どもの姿を見たりすると、意外とまだまだ小さいんだな、と愛しくなります。

まとめ

この記事では、4歳児の反抗期に疲れたママのために、子どもの気持ちや対話のコツが分かればストレスフリーになれる方法を紹介しました。 要点は以下の通りです。

  • 4歳児は自我や言語能力が発達し、自分でやりたいことがあり、それを通したくて反抗的になる
  • 反抗期の子どもがよくとる行動と心理は、泣き喚く、暴力的になる、言うことを聞かない
  • 対策や対話のコツは、一旦受け止めて共感してあげる、冷静に静かにゆっくり目を見て伝える、自分を主語に理由も添えて伝える、気長に根気よく伝える
  • イライラしてしまった時は、怒り方や怒り過ぎなど自分が悪かったと思う点を謝る、子どもと距離をおきクールダウンしてから謝る
  • 可愛く思えない時は、子どもをぎゅーっと抱きしめると幸せホルモンや愛情ホルモンが分泌されて気持ちが和らぐ

この記事があなたの子育ての参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました