離乳食の【スイカ】はいつから?そのまま生でもいい?赤ちゃんにアレルギー出る?レンジで加熱する?ブレンダーを使ったレシピ

離乳食
スポンサーリンク

スイカは離乳食初期から食べさせることができます。
水分が多いので、汗をかく暑い夏に食べるにはぴったりの果物ですね。
赤ちゃんに食べさせるとなると、どうやって与えたらよいのかが気になると思います。
ここでは、離乳食でのスイカの食べさせ方と、スイカを使った離乳食のレシピをご紹介いたします。

スポンサーリンク

離乳食のスイカはいつから?生のままでもよいの?アレルギーはでる?

スイカは離乳食の初期(5~6ヶ月)からはじめることができます。
夏になると旬の果物としてお店に並ぶスイカ。赤ちゃんにはその季節の旬の食材を食べてもらいたいですよね。
国が定める「アレルゲンを含む食品」にはスイカは含まれていないため、そのまま生で食べさせても心配ない場合がほとんどでしょう。
しかし、絶対にアレルギーが出ないというわけではないので、初めて食べさせるときには加熱してから少量を与えることをおすすめします。

離乳食初期、中期、後期べつに見るスイカの固さや与える量・形状の目安

初期(5~6か月)

なめらかになるまですりつぶします。初めて食べさせるときには加熱すると安心できます。
赤ちゃんの様子を見ながら1日1回、1さじずつからはじめてください。

中期(7~8か月)

舌でつぶせる固さ(豆腐程度)が目安となります。粒が少し残る状態まですりつぶします。
1回あたりの目安量は20g~30gです。

後期(9~11か月)

歯茎でつぶせる固さ(バナナ程度)が目安となります。5mm角に切るか、薄切りにしましょう。1回あたりの目安量は30g~40gです。

完了期(1歳~1歳半)

歯茎で噛める固さ(肉団子、ゆで卵の白身程度)が目安となります。1cm角、もしくは食べやすい大きさに切りましょう。1回あたりの目安量は40g~50gです。

スイカは種が多い果物となっています。食べさせるときには丁寧に種を取り除いてから調理してください。

離乳食のスイカの種を簡単に取る方法

スイカは種が多く、取り除くのが大変ですよね。少しでも簡単に種を取る方法をご紹介いたします。

  1. スイカを横半分に切ります。種が見えている場所に沿って適当な大きさに切っていきましょう。
  2. 断面に並んでいる種をスプーンなどで取り除きます。

    スイカの種が入っている場所は規則性があるといわれています。この方法で切ると簡単に種を取り除くことができます。
    ただし、スイカの種は黒い種だけではないので十分に確認をしてから与えるようにしてください。

スイカを離乳食として使うときの下処理の仕方。とろみをつける方法

離乳食として与える際に必要なスイカの下処理の仕方をご紹介します。

1. 種を取り除きます。スイカの皮に近い部分は避けて、中心の赤い部分をあげるようにしてください。スイカは種が多い果物です。黒い種だけではなく、まだ黒くなっていない小さな種もあります。赤ちゃんに食べさせるときには十分に種が取り除けているかどうか確認しましょう。

2. スイカをすりつぶします。フードプロセッサーやブレンダーがあると簡単に短時間ですりつぶすことができます。より滑らかにする場合は裏ごしをするとよいでしょう。

3. 電子レンジで加熱します。離乳食初期の場合はアレルギーなどの観点から加熱して与えるのが安心です。軽くラップをかけたら600wで約1分加熱しましょう。
水分の多いスイカはすりつぶすと赤ちゃんに食べさせにくいかもしれません。加熱するときに少量の片栗粉を混ぜると【とろみ】がついて与えやすくなります。

スイカの離乳食の保存方法は?冷凍保存はできるの?

下処理をしたスイカは冷凍保存ができます。
ペースト状にしたスイカを製氷皿に入れて冷凍します。製氷皿は細かく分かれているので、1回分ずつ解凍することができて便利です。
フリーザーバッグを使った冷凍保存の方法もあります。その際は菜箸などで1回分の量の筋(線)を付けておくと使いやすいです。
また、時期別の食べやすい大きさに切った状態で冷凍保存をすることもできます。切ったものをひとつずつラップで包んでフリーザーバッグに入れて冷凍してください。

スイカを使った離乳食初期のレシピ

スイカペースト

【材料】
・スイカ 20g
・水溶き片栗粉 小さじ1/4(水:片栗粉=1:1)

【作り方】
1. スイカの種を取り除き、裏ごしする。
2. 鍋に裏ごししたスイカと水溶き片栗粉を入れて加熱する。
3. 少しとろみがついたら冷やす。

スイカ果汁は生のままでもおいしくいただけますが、少しとろみをつけて冷やすとのど越しがよくなります。また与える際にも、食べさせやすいでしょう。

後期から作れる!ブレンダーを使ったスイカの離乳食レシピとは

冷製トマトとスイカのスープ

【材料】
・スイカ 10g
・トマト 10g
・玉ねぎ 10g
・ジャガイモ 10g
・水 50cc
・牛乳 少々
(育児用ミルクでも代用が可能。粉ミルクの場合は溶かしてからお使いください。)
※牛乳はアレルゲンを含む食品です。使用する際はアレルギー反応がないかどうか確認してください。

【作り方】
1. スイカは種を取り除いて、小さく切ってさっと茹でる。
2. トマトとジャガイモは皮をむき、適当な大きさに切る。
3. 玉ねぎは煮やすい大きさに切る。
4. 鍋に2と3と水を入れて柔らかくなるまで煮る。
5. ブレンダー(もしくはミキサー)にかけて、鍋に戻す。
6. 加熱しながら牛乳を加える。固さを調整しながらポタージュにする。
7. 1を入れて冷やす。

塩をいれて味を調整すれば大人も食べられるレシピです。
離乳食と一緒に大人のごはんも一品できてしまうので、おすすめですよ。

まとめ:スイカは離乳食初期から大丈夫

赤ちゃんにスイカは初期から食べさせることができます。水分の多いスイカは体温を下げる作用もあるので暑い夏にぴったりの食材です。ただし食べさせすぎると身体が冷えてしまうので注意してくださいね。時期別にあった量を与えていきましょう。
アレルゲンを含む食材ではないスイカは、生のまま食べても心配はほとんどありませんが、絶対ではありません。初めての際は加熱することをおすすめします。

スイカを使った離乳食のレシピはいかがだったでしょうか。味付けを調整すれば大人も食べられるレシピもあるので、赤ちゃんと一緒に旬のスイカを存分に味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました