離乳食でチーズはいつから食べれる?初めて赤ちゃんにあげるおすすめチーズは?ベビーチーズはあげていい?人気レシピもご紹介!

離乳食
スポンサーリンク

子どもも大人も大好きなチーズ。いつから赤ちゃんが食べられるか気になりますよね。
たくさん種類があって、どれから食べさせたらいいかわからないママやパパも多いのではないでしょうか。

本記事では、離乳食でチーズが使用できる時期、時期別に食べられるチーズの種類、おすすめレシピをご紹介します。ぜひ、離乳食作りの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

離乳食でチーズはいつから食べられる?

離乳食でチーズが食べられるのは離乳食中期の7〜8ヶ月からになります。ただし、大人と同じチーズではなく、低塩分、低脂肪のカッテージチーズから始めましょう。

カッテージチーズは牛乳、酢またはレモン汁で作られたチーズを言います。

チーズの種類別離乳食開始時期

離乳食中期(7~8ヶ月):カッテージチーズ

脂肪、糖分、塩分が少ないため離乳食中期から使用可能です。裏ごししてあげると食べやすくなりますよ。初めてのチーズはカッテージチーズがおすすめです。

離乳食後期(9~11ヶ月):粉チーズ(パルメザンチーズ)

細かく刻み、必ず加熱して使用しましょう。
塩分が多いので、使用する際は風味づけ程度に使用しましょう。グラタンや、おやきのアレンジに入れるのがおすすめですよ。

離乳食完了期(12~18ヶ月)プロセスチーズ(スライスチーズ、ベビーチーズ、キャンディーチーズ)

プロセスチーズは、加熱処理がされているチーズです。そのため、離乳食でも安心と思われがちですが、塩分、脂質が多いんです。

また、加熱含め、長期保存できるように加工されたチーズなので、保存料などが含まれています。塩分、脂質が気になるようでしたら、赤ちゃん用のチーズを使用することをおすすめします。

ちなみにベビーチーズは、赤ちゃん用のチーズのことではありません。プロセスチーズを小さくカットしたもので、商品名にベビーがついていますが、赤ちゃん用と勘違いしないように注意しましょうね。

キャンディーチーズは我が子たちも大好き。ただ、そのままの形状だと、喉に詰まらせる可能性があるので、手のひらで潰して平らにするか、ハサミで半分に切ってあげてくださいね。

チーズは脂肪分が多いので、スライスチーズなら一日1枚程度にしておきましょう。
クリームチーズは脂肪分が33%以上と高いので離乳食完了期から使用しましょう。

筆者は、1歳からチーズを与え始めました。スーパーで1歳からのチーズ(雪印メグミルク)を見つけたので、ちょうどいいなと思ったのが与え始めたきっかけです。個包装になっていたので、調理せず、半分に切ってあげていましたよ。塩分35%カットになっていましたが、念のため、毎日は与えず、週3回くらいのペースであげてました。

チーズを使った離乳食のおすすめレシピ

離乳食中期(7〜8ヶ月):トマトのチーズ和え

【材料】
カッテージチーズ 15g
トマト 20g
【作り方】
①:トマトは皮を剥き、種を取ったら2〜3mmほどの大きさに刻む
②:耐熱容器に①と小さくカットしたカッテージチーズを入れて、ふんわりとラップし、電子レンジ(600W)で20秒加熱して混ぜ、さらに10秒加熱して混ぜる。

離乳食後期(9〜11ヶ月):しらすと野菜のチーズリゾット

【材料】
粉チーズ 5g
しらす 15g
軟飯 40g
にんじん 10g
玉ねぎ 15g
スープ(野菜の煮汁)
油 小さじ1/4
【作り方】
①:しらすを茹で、細かく刻む。にんじん、玉ねぎはあらみじん切りにする。
②:鍋に油を引き、刻んだ玉ねぎ、にんじんを炒め、スープ、軟飯を入れて、煮だったら弱火で8〜10分煮て、①を加える
③:仕上げに粉チーズを入れて煮る

離乳食完了期(12〜18か月):ピザトースト

【材料】
食パン  1枚
玉ねぎ  10g
ピーマン  5g
ケチャップ 小さじ1/2
粉チーズかプロセスチーズ
【作り方】
①:ピーマンは種をとり、細めの千切りにする。玉ねぎは粗みじん切りにする。切り終わったら電子レンジ(600w)で役20秒加熱し、ケチャップで合える
②:食パンの耳を切り、4等分に切る。①とチーズをのせ、トースターで2、3分焼く

チーズは冷凍保存できる?

プロセスチーズ、クリームチーズ、モッツァレラチーズは冷凍可能です。

しかし、頻繁に開け閉めする冷凍庫では、解凍後に元の食感を残すことができません。一度冷凍したチーズは必ず加熱して使うと美味しく食べられますよ。

ピザ用のチーズは袋ごと冷凍し、凍ったままピザにのせたりできますよ。ピザ用のチーズって全部使いきれないので冷凍しとくと、いざ使いたい時にパッと使えて便利ですよね。

チーズの離乳食Q&A3選

Q1:離乳食でチーズはどのくらいの量を与えればいいですか?

A1:チーズは脂肪分や塩分が多いので、与える量には注意しましょう。離乳食中期のカッテージチーズは15g程度、離乳食後期の粉チーズは5g程度、離乳食完了期のプロセスチーズは一日1枚程度が目安です。赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ量を増やしていきましょう。

Q2:離乳食でチーズを使うときに注意することはありますか?

A2:チーズを使うときには、以下のことに注意しましょう。 ・必ず加熱してから与えること。生のチーズは細菌やアレルギーの原因になる可能性があります。 ・塩分や脂質が多いチーズは風味づけ程度に使用すること。過剰摂取は赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 ・喉に詰まらせないように、小さく切ったり、潰したりすること。特にキャンディーチーズなどの丸い形状のチーズは危険です。

Q3:離乳食でチーズ以外にも乳製品を使ってもいいですか?

A3:離乳食で乳製品を使っても構いません。ただし、以下の点に注意してください。 ・牛乳は1歳未満の赤ちゃんには与えないこと。牛乳アレルギーのリスクや消化不良の原因になる可能性があります。 ・ヨーグルトやバターなども加熱してから与えること。生の乳製品は細菌やアレルギーの原因になる可能性があります。 ・無糖や無塩のものを選ぶこと。砂糖や塩分は赤ちゃんに必要ない成分です。

まとめ:離乳食でチーズをあげるのは中期(7~8ヶ月)から!

離乳食でチーズは離乳食中期の7〜8ヶ月くらいから与えることができます。

食べられるチーズは月齢で変わってきますので注意してくださいね。また塩分、脂質を考慮し、カッテージチーズから始めることをおすすめします。

塩分や脂質が気になるようであれば、1歳から使用できる赤ちゃん用のチーズもありますので、そちらを使用するといいですよ。チーズを使用したレシピはたくさんありますので、ぜひ赤ちゃんに作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました