赤ちゃんが頭突きしてくるのはなぜ?抱っこしてるときに頭突きする理由!壁へのヘッドバンキングは大丈夫?痛い?

赤ちゃんの発達
スポンサーリンク

赤ちゃんが成長するに連れて、抱っこしている際に、

  • ママやパパに向かって頭突きをする
  • 壁や床に頭突きをする

こんなことに悩んでいるママやパパもいるのではないでしょうか?

筆者の子どもたちも、よく頭突きをしていました(苦笑)

2ヶ月くらいの時には、首がすわっていないので不意打ちに頭突きをくらうことがありました。

1歳くらいになって、眠そうな時、家事をしていて構ってあげられない時などに、よく壁や床に頭突きしていました。

頭突きが、口に当たり、唇が切れたり、腫れたり、口内炎ができたりといった痛い経験を何度もしてきましたよ。本当に痛いんですよねあれ。

本記事では、赤ちゃんが頭突きをするのには理由があるのかをまとめました。頭突きに悩む、ママやパパ、ぜひ最後まで読でみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭突きをするのはなぜ?

赤ちゃんが自分でいろんなところに頭をぶつけることを、ヘッドバンキングと言います。実は結構、ヘッドバンキングをする子は多いんです。

ヘッドバッキングは眠くなったり、寂しかったり、構ってもらえなかったりするときにすることが多いです。

だいたいまだ、言葉が上手く話せない、1歳くらいにみられます。

成長するにつれて徐々に言葉が増え始めると、回数が減り、いつの間にか自然にやらなくなるので安心してください。

親が注意すること、何かできることはない?

気にして何度も注意すると、逆に癖になってしまう赤ちゃんもいますので、注意せず見守ってあげましょう。

あまりにも気になるのであれば、徐々に頭突きするタイミングがわかってきますので、そのタイミングで抱っこしてあげると赤ちゃんも安心しますよ。

床や壁には頭突きしなくても抱っこしてくれている、ママやパパには頭突きしてくるかもしれませんので、抱っこ中はいつ頭突きがくるかわかりませんので注意してくださいね。

また、お腹が空いているならお腹を満たしてあげたり、おもちゃを出してあげたりと、嫌なことから気を逸らしてあげたりすると落ち着く場合もあります。

赤ちゃんは全力で床や壁に頭突きしますので、頭を痛めつけないように、床にカーペットを敷いてあげるといいですよ。

 

1歳で頭突きが多いのは自閉症なの?

自閉症は3歳の頃にやっと判別が付くと言われています。

1歳の赤ちゃんには多くみられる行動のため、頭突きが多いからといって、自閉症とは言いきれません。

1歳〜2歳の自閉症の子供は、他者と目が合わないと言った特徴があるので、言葉が遅れたり、誰かの注意を引きたいときに、その手を直接ものに触れさせるといった行動がみられます。

赤ちゃんの頭突きで口の中に口内炎ができた

結構あるあるだと思いますが、手加減を知らない赤ちゃんの頭突きによる怪我を経験されたママやパパは結構いると思います。

筆者も、唇がきれ、大きく腫れ、食事が取れないくらいの口内炎に悩まされたことがありました。

偶然、歯医者に通っているタイミングでしたので、先生に相談し、ちょっと痛かったですが、口内炎の部分を焼いてもらう治療をしました。治療直後は痛かったですが、翌日から食事も取れるようになり、口内炎もすぐ治りました。

こういった患者さんは意外と多いそうなので、ひどい時はお近くの歯医者に相談し治療するといいですよ。

 まとめ:赤ちゃんが頭突きの理由は寂しいから

赤ちゃんの頭突きは、よくある行動のひとつで、眠くなったり、寂しかったり、構ってもらえなかったりするときにすることが多いです。

だいたい、まだ言葉が上手く話せない、1歳くらいに多くみられます。成長するにつれて徐々に言葉が増え始めると、回数が減り、いつの間にか自然にやらなくなるので安心してくださいね。

気にして何度も注意すると、逆に癖になってしまう赤ちゃんもいますので、注意せず見守ってあげましょう。

床にカーペットを敷いたりして、赤ちゃんの頭を守りつつ、抱っこの際は、ママもパパも頭突きによるけがに注意し、穏やかな心で自然になくなっていくのを待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました